ケミカルピーリングのメリット

肌のターンオーバーを正常化させる

美肌を維持するための施術方法はいろいろなものがありますが、施術の一つにケミカルピーリングがあります。ケミカルピーリングは、皮膚にフルーツ酸など酸性の薬品を塗り、肌表面の古い角質を取り除くことができる施術です。肌表面の汚れや角質を取り除くことで、肌のターンオーバーを正常化させ、きれいな肌に生まれ変わらせることができます。角質部分に沈着したシミは薄くなるというメリットもあります。またケミカルピーリングで古い角質を取り除くことで、ニキビを予防したりニキビ跡を改善して肌のざらつきを解消する効果が期待できます。その他にもターンオーバーが正常化することで角質層が整い、肌の保湿力もアップするため、小じわや毛穴の開きを改善できるというメリットもあります。

肌に優しく、ダウンタイムもない

ケミカルピーリングは、化学的に古い角質を剥がすので、痛みはなく肌に優しいこともメリットです。施術後は多少ピリピリとした感じが出ることがありますがレーザー治療などとは異なり腫れや痛みもなく、ダウンタイムもありません。施術時間は1回60分程度なので、忙しい合間でも治療が可能です。ただ注意点もあります。ケミカルピーリングは1回の施術より複数回の施術をすることで効果が期待できる施術ですが、やりすぎは禁物です。頻度や回数は医師の指示通りに受けましょう。また施術後は肌が敏感になっているため、しっかりと紫外線対策をする必要があります。このような注意点はあるものの、トータル的な肌ケアができる点がケミカルピーリングの魅力といえます。