パックを使ったピーリング

泡パックを使うときのポイント

肌のざらつきや毛穴の黒ずみが気になるときは、ピーリング成分の含まれている泡パックがおすすめです。古くなった角質を落として、肌のターンオーバーも促してくれます。泡パックを使うときは、最初にメイクや日焼け止めをクレンジングで落としておくことが大事です。メイクや日焼け止めが肌に残った状態だと、泡パックの効果も十分に発揮できません。泡パックを肌につけるときは、皮膚の薄い目元や口元を避けるようにして下さい。商品によってパックの時間は違うので、パッケージの説明をよく読んでおきましょう。泡パックを洗い流すときは、人肌くらいのぬるま湯がベストです。泡パックが肌に残らないように、しっかり洗い流していきましょう。

ピーリング石鹸を使うときのポイント

泡パックを使う時間がないときは、ピーリング石鹸を使ってみるのもおすすめです。メイクも落とせるタイプなら、事前に洗顔をする必要もありません。ピーリング石鹸には通常の石鹸より泡立ちにくいものがあるので、手のひらや泡立てネットを使って念入りに泡立てていきましょう。洗顔はおでこや小鼻など、皮脂の多いところから行っていきます。なるべく肌に指が当たらないように、泡で優しくマッサージしていくのがポイントです。目元や口元を最後に洗うことで、皮膚の薄い部分の負担も減らせます。石鹸の泡が肌に残らないように、すすぎは丁寧に行いましょう。自宅で簡単に出来るので、ピーリングに役立つスキンケア用品をぜひ試してみて下さい。